入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も例外なく阻害する働きをします。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることが夢をかなえるためには大事です。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。
また、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。
インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。
人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。
日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。

ひろいし歯科クリニック インプラント

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ