インプラント手術を希望して歯科医を訪ねたにも

インプラント手術を希望して歯科医を訪ねたにもかかわらず、「あなたはインプラントにできません」と宣告されたらどう思いますか。
実はきちんと断ってくれる先生はいい歯医者さんです。
残念なのは、症状と自分の技術でカバーできる範囲がバランスが取れないことが分かっていない歯医者さんです。
自分の歯と同じように噛めるインプラントにしたくても、怖くてどうしても無理、という方mお多いでしょう。あまりに恐怖心が大きいと手術全般にわたって余計な反応をしてしまう可能性もあり、危険なシチュエーションをわざわざ自分から作り出してしまいます。実は嬉しいことに、恐怖心を感じなくなるという麻酔があります。意外な事実として、実はつい最近まで大学ではインプラントを学ぶことができませんでした。
勉強熱心な歯医者さんたちはトップシェアのインプラントメーカーが主催するセミナーに参加したり、日本のインプラント学会に所属するなどして、知識や技術を身につけてきました。
今は大学でもしっかり学べるので、今後インプラントのできる歯科医が増えそうです。インプラントで頼れる歯医者さんは、難しい症例でも対応できる歯科医、と言いるかもしれません。難症例で代表的なものに『骨が少ない』という症状があります。
最近では骨造成という高度な技術が確立されているので、インプラントを埋め込む場所に骨を創ってそこにインプラントを埋入します。インプラント手術のできる歯科医院は全体の約2割程度しかありませんが、その中から本当に任せられる歯科医院を自力で見つけ出すのは困難を極めるかもしれません。もしあなたが心からインプラント手術を希望するなら、最初にしなければいけないのは情報を集めることから始めるべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ