総合病院との連携でリスクを最大限抑えられる

インプラント治療は希望すれば誰でも受けられるというものではありません。特に、インプラントを希望される方の多くは高齢者です。高齢者の方の場合には骨が少ないケースや、骨の硬さが足りないなど、骨に関する難しい症例であることが予想されます。また、有病者の場合にもインプラント治療は制限されるケースがあります。
そのような難症例の方にインプラント治療を行うには、歯科医院単独での手術ではハードルが格段に上がります。
ですが、愛知県名古屋市の吉岡歯科医院では、場合よっては中部労災病院の入院設備、全身麻酔管理、手術室はもちろんのこと、中部労災病院の外科医師、歯科医師、看護士、麻酔医による全面的なバックアップを受けて手術をすることができます。

また、吉岡歯科医院のスタッフは総合病院での研修も受けており、医療事故対策や感染対策にも力を入れています。ちなみに、設備面ではインプラント専用の無菌手術室、歯科用CT、心電図モニター、血圧モニター、AED、気管挿管セット、救急カート、酸素飽和度モニター、点滴セット、診療室内の空気のオゾン殺菌、可能なもののディスポなど、安全性に大変力を入れている事がうかがえます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ